キャッシングValue

HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>娘たちのこと

次女の喘息と私

このところ、ずっと咳が続いてる次女。
いつまでも良くならないし、「もしかしたら」という不安のもと
先日主治医を尋ねました。

先生:うーん、これは喘息だねぇ。

やはり…('A`)ノ

やたら胸の音がするしゼロゼロいうし、風邪じゃないような
気がしてたんだけどねー。そうですか…。

実は、以前も喘息だったことがあったのです。
しかし、長女は幼い時慢性の喘息を患い、チアノーゼまで起こし
生死を彷徨ったりした経験もあるのですが
次女は「気管支喘息」という、風邪の時に起こりやすい喘息で
比較的軽かったので、再発(しかも以前よりひどい)に母ショック。

それにね、喘息の薬って強いじゃない?(誰に問うてるのか)
事実、乳歯の頃喘息の薬を飲んでた次女は
喘息の薬の影響で、永久歯になる奥歯に色がついてしまいました。
現在少しでも白く戻そうと治療しておりますが
根元から色が違うので、削って埋めて色をつけるくらいしかできません。
そして、喘息の薬を服用中に、他のお薬を飲むときは
医師の診断を仰がなくてはいけません。
ですから市販の薬など飲めません。
それほど強いのです。

だからあんまり薬はいやなんだけど、
吸入とホクナリンテープだけではなかなか改善が見られない状態。
母悩む。
それでもお薬のせいで、ひどかった咳があまりでなくなりました。
お布団に入ったりして、器官が温まったり乾燥したりすると
発作も出やすいので、寝室にはハンガーに濡れタオル。これ必須です。
そして、咳き込んで吐く時用に枕元に洗面器と水筒に水。

それにしても、私が以前経験してた病でよかったよ。
…嗚呼、悲しいかな。病気慣れ(;´Д`A ```


そして、そんな母。
なんだか鼻の奥が熱いので、ついでに診察してもらうと
先生:あ、お母さん。熱ありますね。風邪こじらせましたね。

(゜д゜)あらやだ

ついで程度で診てもらったのに、熱があるなんて、おやおやまあまあ。
そりゃあ鼻の奥も熱いはずね。
しかもこじらせたってことは、あの頃の体調不良かしら?
先日節々が痛かったのは筋肉痛じゃなかったのね。

それでも今回の風邪は熱があっても自分では比較的楽なので
今日も元気で好き勝手な趣味に勤しみたいと思います。
スポンサーサイト
テーマ:病気 - ジャンル:育児

この記事のトラックバックURL

http://xxkotaxx.blog42.fc2.com/tb.php/262-dd20fa2b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。